よくある質問

メンテナンスについて

収納はどのようにしたらよいでしょうか
・複数収納の際には、器の口があたらないような重ね方をしてください。器の最も弱い箇所は、口です。皆さんも経験があるかと思います。形の違うものなどを重ねる際は、間にクッションになるものを入れることをおすすめいたします。
洗浄後の扱い方はどうしたらよいでしょうか
・収洗浄後の器をすぐに食器棚などに片付けないでください。洗浄後・使用後の器は水を含んでおりますので、食器棚など風の通らない箇所に収納されるとカビ・匂いなどの原因になります。特に湿気の多い季節は気をつけてください。 万が一、カビ・匂いが気になるようでしたら、煮沸消毒をし風通しの良いところで乾燥させると良いでしょう。
洗い方を教えてください。
・使用後にはたくさんの器を一度に洗わないでください。食器洗浄器の使用も避けましょう。一度にたくさんの器を洗おうとすると、どうしても器同士が触れて欠ける可能性が高くなります。 尚、たくさんの器がシンクにあるということもしばらくつけ置きのような状態になりますので、匂い・しみなどが吸着することがありますので、避けてください。
洗剤を使用して良いのでしょうか。
・洗剤はお使い頂いても問題ございません。中性洗剤そしてやわらかいスポンジをおすすめいたします。硬いスポンジなどを使用すると、隙間の汚れがとれにくく傷つける恐れがあるからです。
使う前のアドバイスなどありますか。
・土ものに皿・鉢など油を使った料理を盛る前には水に浸して頂けますと嬉しいです。 唐津焼などの陶器(土もの)の器は磁器(有田焼など)に比べて、吸水する性質がございますので、あらかじめ水を含んだ器には、それ以上の油や不純物が入りにくくなり、臭いもつきづらくなるからです。 気になるシミがついたりした場合、どうしてもシミが取れない場合には、薄めた漂白剤につけてください。 それでもどうしても気になられる方はお気軽に当店へご連絡ください。何かご提案させて頂けたらと思います。
底がざらつくような感じがします。
・唐津焼は茶道と密接に関係し発展してきた焼き物でございます。 昔より底を糸底とよばれ見どころのひとつとされてきましたので、こすり過ぎないよう最小限にて手入れされています。当店で取り扱っております作品は、窯出し後に一つ一つ水を耐水ペーパーなどで手入れしておりますが、気になるようでしたら耐水ペーパーなどで再度こすられても構いません。 もしくはご使用の際にはランチョンマットなどを お使いいただけるとテーブルなどが傷つくことを防ぐことができます。
使用前に米のとぎ汁で煮沸した方が良いでしょうか。
・ほとんどの方は使用前に水や米のとぎ汁で煮沸すると良いと聞いたことがあると思いますが、一概にそういうわけではありません。 土鍋や水のしみだす器などにはとても有効ですが、通常の器に関しては水、お湯に浸すだけで十分です。高麗茶碗や唐津焼などは使っていくうちに変化することがひとつの楽しみ・見どころになりますので、 米のとぎ汁で隙間を埋めてしまいますとその楽しみは半減することになりかねません。 もちろん貫入(器表面のヒビ)や雨漏り(良い風合いの滲み)が 苦手な方にはおすすめいたします。 土ものの作品の中には水がしみだすものもございますが、幾度がご使用されていくうちに止まることがほとんどです。
  • 店主からひとこと
    面倒くさいとおもわれる方もいらっしゃると思います。
    しかし、これらのことを続けることで10年20年とお使い頂けるのです。
    続けていかれるうちに愛着もわき、苦にもならなくなることでしょう。
    作家ができることは作品を窯から出すまでです。 その後はお客様がそれぞれの個性を作ってください。
    二つとして同じものは無いのです